特典付きメルマガ登録

オーストラリアからこんにちわ!コアラ通信です Vol.3.10

目安時間 8分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

今日の話題は、友人宅に行った話です。

私たちにはオーストラリアに来てからの現地の友人が何人かいます。

その中の一番お世話になった人、好きな人のところに遊びに行って来ました。

 

彼女(81歳)が先月誕生日を迎えたので、

お祝いのグリーテングを送り、「コロナが治ったらまた会いましょう」と書いたんです。

 

そしたら即返事が来て、あなたたちの都合のいい日はいつ?

私たちはいつでも0kよ。どこかで食事でもどう?

 

クインズランド州はコロナ感染者が出ておらず、まして私たちのところは皆無なので

出かけることにしました。

 

 

でも私たちが都合のいい日に指定した日はオーストラリアの公休日なんです。

しかも今回彼女は、骨折して病院を退院したばかりなのでレストランを探して街の中を

歩き回るのも大変だろうと思い、自宅に伺わせてもらうことに。

 

 

これには訳があって

1つ目はパブリックホリデーなので人出が多く、レストランも満員ではないかと。

それに休日はどこも割増料金になるんです。店によって10%~20% がかかるのも嫌だし。

 

 

2つ目は、実は彼らは昔から巻き寿司が大好きで良く作っては我が家に呼んだり

したことがありました。

最近はそれをしてなかったので、提案したら大喜びでこのアイデアで決まり。

 

 

訪問当日は、久しぶりに彼らのために寿司を作るので張り切って朝5時起きしました。

(いつもは朝寝坊の私)

なぜなら前日から下準備はしているんですが、こんな時は必ず息子たちが自分たちの分まで

作ってくれると思っているんですから大量に作らねばいけないんですよ。

 

 

彼ら友人に太巻き、子供達にはサーモン巻きや鉄火巻きなど日本人が好むものを作ります。

種類が多いと手間がかかるんですよね!

 

 

でもやっとできました、綺麗に盛り付けができました。

今回は小さな河童巻きを入れてみました。

お昼に間に合うように作り上げて、30分の道のりをかけて着きました。

 

 

 

 

17年前からのお付き合いで、いつあっても変わらない気持ちのカップル。

毎年1〜2回はあってはいるものの今回は1年ぶりという再会。

 

ガレージで迎えてくれたハズバンドとはすぐにハグ、室内で待っていた奥さんとハグ。

大歓迎で迎えてくれた夫婦。

 

 

このご夫婦は素敵な生き方をしていて尊敬しているんです。

知的で優しくてユーモアがあってお茶目なんです。

それに仲が良くて、理想の夫婦像。

私も歳をとったらこんな夫婦になりたいと思うも完全に無理だわと(^^)

 

 

彼らは今まで何回も引越しをしていますが、現在の場所を終の住処にしているようです。

ビーチに面した高層マンションの上層部に住んでいるので、

天気のいい日は特に眺めが美しいです。

 

 

部屋の中から、クジラが回遊しているのが見えるのだそうで羨ましい。

毎朝ビーチ沿いを散歩して、近くのカフェで朝食をとり優雅な1日を幸せに過ごしている

様子はまさに天国での暮らしを思わせます。

 

 

 

今日も今日で、持っていった巻き寿司を食べながら楽しい時間を過ごせました。

彼らも私が作った巻き寿司は久しぶりだったので、美味しい美味しいといってくれて

持参した巻き寿司を平らげてしまいました(少なくはないと思ったんだけど)

 

 

彼女はサラダを作っていてくれて、デザートは旦那さんが作ってくれました。

ただ、果物を切ってアイスクリームを乗せただけ!

でも奥さんの骨折をカバーしているんだなと思いましたよ。

骨折するなんてやはり歳をとったのだなと、少々寂しい気持ちになりましたね。

 

 

会話に花が咲いてなかなか帰ることを切り出せなくて3〜4時間お邪魔してしまいました。

テータイムを済ませてようやく腰をあげたけど、この国の人は本当におしゃべりが大好きで

楽しんでいます。立ち話でも話し出したら止まらない、そんな感じですから家の中で

時間に制限がなければ延々に話している(大げさではありません笑)

 

 

ここまで読んだ読者の皆さんは、きっと私たちは英語が得意なのでこんなお付き合いが

できるんだろうと思ったことでしょうね。

 

 

ところが全然違うんですよ、まったくと言っていいほど英語はわかりません(笑)

なぜこんなに深いお付き合いができるんだと思われるかもしれませんが、

相性がよかったこと、とっても日本人が好きだったんです。

数少ない英語で挨拶ができれば、すぐに気持ちが通じるんです。

 

 

そして相手もこちらが英語がわかってないと知っていても、話しかけてくれるので

理解しようという気になるんです。

少しわかる部分があれば話題をそっちに持って行くなどしています。

 

特に彼女はおしゃべり好きでず〜と話し続けているので、私の主人なんかは適当に

わかったふりをしてウンウンとうなづいているんです。

 

 

時たま、「どう思う?」と振られると慌てるんです。おかしいでしょ!

その程度なんですが, それでも長くつずいているのは、

言葉なんて達者でなくてもいい、大事なのは心の繋がりなんです。

 

 

帰り道主人は『あ〜疲れた、疲れた』の連発。

そうでしょう、判ったふりするのも演技が上手くないとできません。

でもストレスではなくて心地いい疲れでした。

 

 

ではオーストラリアでお会いしましょう!

 

 

 

 

 

 

 

海外ロングステイの生き生きシニアたちのeveryday天国
人気のオーストラリアロングスティのガイド

 

メルマガ解除、アドレス変更はこちらから

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

限定特典メルマガ登録


Email Marketing by Benchmark


ブログランキング


人気ブログランキング
星空の綺麗なオーストラリア

応援(ポチッと)よろしく

お願いします。

Everyday天国のガイド

Everyday天国 ガイドブックの ご案内

オーストラリアでロングステイする為の初心者に向けた手引書

 

特典付きメルマガ登録

 

プロフィール
お問い合わせ

 


     

     

     

    楽天トラベル

    楽天カード