特典付きメルマガ登録

病院の診察の受け方と常用薬の買い方

目安時間 5分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

**********************************************

★オーストラリアからこんにちわ★

 

           コアラ通信です

 **************************************

 

 

 

 

日本では生活習慣病で長期服薬する薬はどういうシステムで

買うのでしょうか?

病院からの処方箋を持って薬局に行きますね。

そこでどれくらいの期間購入できるんでしょうか?

オーストラリアの医療機関のかかり方と薬の買い方について書いてみたいと思います

 

 

ここオーストラリアは具合が悪い時はまずGP(家庭のように総合判断してくれる)

に行って診察を受けます。

そのドクターで治せる範囲のことなら、薬が処方されます。

簡単な外科的処方もしてくれます。

 

 

 

そしてもっと検査が必要と思ったら、専門医に紹介状を書いてくれます。

例えば胃カメラなら胃カメラ専門医のところで受けるのです。

簡単な検査以外は全て専門医にいかなけら診察してもらえないんです。

 

 

専門医はGPからの紹介賞がなければ検査治療できません。

勝手に専門医にはいけないんです。

風邪をひいた、胃腸の調子が悪いなどの簡単なことはすべてGPで治療です。

最初は経過を見ていてそれで治らなかったり、不審なところがあったりしたら

専門医に回されます。

 

 

 

さてそこで専門医に紹介されたら、その専門医の予約を取ります。

予約日に行って検査を受け、その結果はまたGPで聞くことになります。

そこで今後の治療方針を決めるんです。

 

 

 

一般的な流れはこんな感じですが、各人の症状によって変わります

1月ごとの検診や6ヶ月ごとの検診など。

そして処方された薬は薬局に行って買います。

 

 

 

どこでも良いんです。

薬局によって価格が違うので大抵の人は、大きなお店で安く買います。

慢性病の場合は薬は6ヶ月分の処方箋を出してくれます。

(6ヶ月分纏めて買えるという意味ではありません)

 

 

 

処方が変わった時はその処方箋は破棄しますが

処方されて1年間有効です

ただし購入は同じ薬は月に1度しか買えません。

 

 

 

国民は基本的、薬は無料です(診察も)

永住者の人は割引されたり恩典がありますが、それでも薬は安いです。

 

 

 

 

歳をとると薬も飲む種類が増えてきます。

たくさん飲まなくてはいけない時でも価格が安いので助かります。

医療が逼迫してないというのは良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛いコアラがあなたをお待ちしています。

オーストラリアの事なんでもお答えします。

 

 

 

海外ロングステイの生き生きシニアたちのeveryday天国

人気のオーストラリアロングスティのガイド

 

 

メルマガ解除、アドレス変更はこちらから

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

限定特典メルマガ登録


Email Marketing by Benchmark


ブログランキング


人気ブログランキング
星空の綺麗なオーストラリア

応援(ポチッと)よろしく

お願いします。

Everyday天国のガイド

Everyday天国 ガイドブックの ご案内

オーストラリアでロングステイする為の初心者に向けた手引書

 

プロフィール
楽天カード

お問い合わせ

 


     

     

     

    メルマガ登録


    Email Marketing by Benchmark


    楽天トラベル