特典付きメルマガ登録

時代にあったレンタサイクル、利用者が増えてきたオーストラリア

目安時間 6分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング
**********************************************
★オーストラリアからこんにちわ★
           コアラ通信です

 **************************************

 

 

 

 

 

 

 

散歩の途中でこれを見つけました。

確か、大きなスポーツが開催された年にこのような自転車が目立ち始めました。

 

初めて見た時は、どうしてこんなところに

自転車が放置されているんだろうと思いました。

 

 

使い方がわかればとても便利。

特に若い人や、旅行者などは手軽に使えますよね。

 

 

今のご時世、なんでもスマホでできるから便利だけど驚きです。

 

ハイテクに慣れていないシニアには優しくない?

 

利用の仕方は聞いた感じだとこんな。

どこでも好きなところで自転車を利用して好きなところで解放することができる

 

 

利用したいと思って自転車を見つけたら、自転車に設置している器械に

スマホから申し込みをして解錠する

目的地まで利用したら、スマホで施錠する

 

 

この利用した区間(距離)の料金はすでにスマホの

お財布設定から引き落とされるので後から支払いなど面倒がないです。

 

 

本当に好きなところに放り出しているという感じなんですが、

盗難はないのかと心配になりますね。

 

それに気になるのが、衛生的かなと?

誰がいつ消毒するんだろう、どこがメンテナンスするのかななど気になって仕方ないんです。

 

予約もいらないし、自転車のある場所の指定もないから本当気ままに利用できます。

返却も全く自由、どこでもドアーです(笑)

 

 

オーストラリアではこの自転車の色は赤、目立ちますね。

盗難のため?事故のため?街中で目立って絵になるため?

余計なことを考える人もいるんです(私)

 

 

自転車の仕組みとは少し違いますが、便利なシステムを考えたのは誰でしょうね?

最近はウーバーが活躍しています。

近所にウーバードライバーがいます。

昼はサラーマン、休日や夜間はドライバーなどして稼いでいます。

 

 

ウーバードライバーは素性がわからないと怖い気もします。

スマホで調べて呼ぶのですが、到着するまでどんな人が来るかわかりません。

私の周りではこれを利用するのは男性だけ!

協会に所属してないと営業はできないそうなので、不安は解消されますが。

 

 

もう1つはウーバーイーツ

日本でもよく見かけるようになりましたよね。

出前ですよね、ただ注文を受けた店が配送するのではなく出前専門に仕事をしてくれる

仕組みなんですね。

 

お店で出前をする人を雇わなくていいから人件費が不要です。

それで仕事がない人には収入になるといったいい連鎖がありますね。

 

 

またまたいろんなことを考える悪い癖の自分に自問自答です。

例えば昔、日本でラーメンの出前を頼んだことがありました。

その時はお店で独自の出前で。

店員さんが配達に出かけていたらその間注文が入った時は、待たせられることがありました。

出前に人手を取られているので仕方ないですが。

そして、出前が来て頂きました、あとはその容器を回収に来るんです。

これが結構人件費がかかりますよね。

 

で日本でもオージーでもウーバーイーツは利用したことはないのですが、

食器はどうなっているんだろう?

使い捨て? 洗って再利用?

 

いつか利用することがあったらと思うと気になるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛いコアラがあなたをお待ちしています。

オーストラリアの事なんでもお答えします。

 

 

 

海外ロングステイの生き生きシニアたちのeveryday天国
人気のオーストラリアロングスティのガイド

 

 

メルマガ解除、アドレス変更はこちらから

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

限定特典メルマガ登録


Email Marketing by Benchmark


ブログランキング


人気ブログランキング
星空の綺麗なオーストラリア

応援(ポチッと)よろしく

お願いします。

Everyday天国のガイド

Everyday天国 ガイドブックの ご案内

オーストラリアでロングステイする為の初心者に向けた手引書

 

プロフィール
楽天カード

お問い合わせ

 


     

     

     

    メルマガ登録


    Email Marketing by Benchmark


    楽天トラベル