特典付きメルマガ登録

日本の味が恋しい、とうとうマヨネーズの手作りに挑戦

目安時間 7分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング
**********************************************
★オーストラリアからこんにちわ★
           コアラ通信です
 **************************************

 

今回の洪水災害被害を受けられた方にお見舞い申し上げます。

早く復興され、早く皆様の生活が元どおりになりますことをお祈りしています。

 

 

 

今日のトピックはマヨネーズです。

 

皆さんは自分でマヨネーズを作られますか?

日本のマヨネーズは美味ですから、「自分で作ろう」という気持ちにはならないかもしれませんね。

 

今でこそ、オーストラリアにも日本のマヨネーズが輸入されて買うことができるんですが

私が来た頃、おおよそ20年前は日本食材が少なかったんです。

 

初めて現地のスーパーマーケットで買ったマヨネーズは、「これマヨネーズ?」と思うくらい

甘ったるいんです。

日本の程よい酸っぱさとまろやかな舌触りに慣れていいる私たちにはとても食べれませんでした。

 

 

そこで、自分で作ることにしたんです。

もともと私は栄養士なので、この機会に実力(リタイアして久しいのに自惚れ?)を

発揮しようと考えて始めたことでした。

 

 

以来我が家で手ずくりのマヨネーズを愛用しています。

現地友人から教えてと言われた時も教えて喜ばれています。

 

 

以前はよく我が家でパーティを開いていたものです。

その時に、サラダに自家製マヨネーズを使ったら、友人が「これ美味しい、なんなの?」と聞くから

「ホームメイドマヨネーズだよ」というと教えてということになり、何人かに伝授しました。

 

 

彼らもオージーのマヨネーズは美味しくないと思っていたらしく、仕方がないのでそれが我慢して

いたらしく、自家製マヨネーズの作り方を教えてもらって早速作ったそうです。

 

 

最近日本食材料店で手に入ると言いましたが、そこには現地人がたくさん買いに来ています。

日本食が人気なんだなと思います。そして大抵の人が日本のマヨネーズを手にしています。

 

 

しかし、日本のマヨネーズが簡単に手に入るようになってもまだまだ高価!

やはり自分で作る方が安い。

 

 

ところでマヨネーズの材料は卵が主ですよね。

その卵について日本とオージーの違いを書いてみますね。

 

 

そもそも賞味期間が違うのです。

日本はだいたい1週間くらいでしょうか?

オーストラリアは1ヶ月なんです。

エッと思うでしょ!

 

 

マヨネーズは卵が新鮮でなくてはいけないので自家製を作ることを悩みました。

一時日本人の間で、卵論争が起きていました。

 

生で食するのは

 

「1ヶ月も持てるわけがないので生では危険だ!」

「1ヶ月賞味期間があるなら最初の1週間くらいは大丈夫では?」

「そんなの気にしないよ」

 

などなど

 

 

欧米人は生卵は食べない、でもカフェなどは半熟卵とは程遠いくらいの目玉焼きを提供している。

これ、一応火を通しているから大丈夫なのか?

 

 

色々と調べたら飼育の方法や、飼料、衛生管理、保存方法など徹底しているから大丈夫だということが

わかってから自家製マヨネーズを作ることができたんです。

 

 

オーストラリアは鶏肉には厳しい基準が設けられています。

それもあって卵にも規制があるんでしょうね。

安心だとわかってもマヨネーズを作るときは買って来たその日の新鮮卵を使っています。

 

 

卵については面白いことがあります。

1パックは12個入りと6個入りがありますね。

パックはプラスチックではありません。

 

大きさも一応ランク分けされていますが、アバウトなオージーの事、日本のように

きちっと大きさが揃っていません。

 

Lサイズを買ったのに12個のうち小さいものがあったり、、、、

逆にSサイズなのに大きなものがあったりと、

 

 

もうこうなると、楽しくて笑いますよ。

まあでも例えばトータルで500gとかはあっているので詐欺ではないかもしれませんが。

 

 

買う前に割れがないかをチェックするためにパックを開けます。

1個ずつ目視して、1つずつくるくると動かして見るんです。

もし割れていて白身が出ていると、パックの底にくっついて動かないからです。

 

 

 

ラスト極め付けの面白い話です。

卵にはイラスト(落書き)されているんです(笑)

 

    

 

 

 

最初に見たときは、買って帰って子供がいたずらして絵を書いたと思いましたね。

でも違うんです、これが商標マークなんですよ。

 

 

メーカーごとに顔が違っていたり、英文字だけだったり、無印もありますけど、

落書きが圧倒的に多いんです。

 

面白いでしょ?

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

可愛いコアラがあなたをお待ちしています。
オーストラリアの事なんでもお答えします。

 

海外ロングステイの生き生きシニアたちのeveryday天国
人気のオーストラリアロングスティのガイド

 

メルマガ解除、アドレス変更はこちらから

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

限定特典メルマガ登録


Email Marketing by Benchmark


ブログランキング


人気ブログランキング
星空の綺麗なオーストラリア

応援(ポチッと)よろしく

お願いします。

Everyday天国のガイド

Everyday天国 ガイドブックの ご案内

オーストラリアでロングステイする為の初心者に向けた手引書

 

プロフィール
楽天カード

お問い合わせ

 


     

     

     

    メルマガ登録


    Email Marketing by Benchmark


    楽天トラベル