特典付きメルマガ登録

友人宅に訪問するときの手土産持参、習慣の違いに驚き

目安時間 5分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

**********************************

★オーストラリアからこんにちわ★

 

           コアラ通信です

 *******************************

 

 

習慣の違いとはこんなにも面白いものかと感嘆したこと

オーストラリアにきてずいぶん立つのでもう慣れてしまって

別に不思議とは思わなくなったけど。

 

人に招待されても訪問時には何も持っていかなくていいと聞いてはいたけど

流石に日本人はそうはいかない。

 

私たちが招待されたのがポットラック(持ち寄り)形式の時は、

持ち寄りに何かを作って持っていけばいい。

またはホストに「何を作ればいいの?」と聞いていくので楽ではある。

 

ところがそうではなく本当のご招待(個別に)された時は、

「う〜ん、何かをもっていかねば!」と考え込んでしまう。

そしてワインや菓子、果物を持っていくことも当たり前。

 

そしてこれが逆の時は、しかり。

聞いて知っていたので驚きはしなかったけど、本当なんだと思いました。

どんなに凄いご馳走のご招待でも誰も何も持参しません。

 

 

こちらもそれが目当てではないので忘れています。

気にしてませんので喜んで帰ってくれればいいので。

 

 

それが何回も続いて(こちらが訪問時には必ず何か持参)

日本人はこんな習慣があるんだなと気づいた人がいて

お土産を持ってきてくれるようになりました。

 

 

でこの時「いえいえこんなことしなくていいんですよ」といって

断ってはいけないです。彼らは困惑するんです。

素直に「ありがとう」というと相手も喜んでくれます。

こんなことから今は私たちの友人はかならずお土産を持ってきます。

 

 

他にも習慣の違いを感じることは

靴を履いたまま室内に入ってくること。

 

 

これも私たちが訪ねた時は靴をぬぐので、我が家に来た時は

真似して靴を脱いでくれます。

それでも最初に「室内では靴を脱いでください」とお願いしましたよ。

その代わりスリッパを用意していますけど。

 

 

中には靴とスリッパはどう違うんだ?

と質問してくる人がいて、あぁ区別がつかないんだなと。

説明するとわかったようなわからないような顔をされます。

 

 

 

外を平気で裸足で歩くオージー人もいるのに、

室内でも靴を履くオージー人もいる。

やはり習慣の違いというものは理解しにくいのだろうな!

 

 

 

それでもこちらのいうことを尊重してくれているので嬉しいですが。

日豪友好で日本の習慣が浸透してきたことは嬉しい。

これからも世界平和と友好で仲良くしていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛いコアラがあなたをお待ちしています。

オーストラリアの事なんでもお答えします。

 

 

 

海外ロングステイの生き生きシニアたちのeveryday天国

人気のオーストラリアロングスティのガイド

 

 

メルマガ解除、アドレス変更はこちらから

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

限定特典メルマガ登録


Email Marketing by Benchmark


ブログランキング


人気ブログランキング
星空の綺麗なオーストラリア

応援(ポチッと)よろしく

お願いします。

Everyday天国のガイド

Everyday天国 ガイドブックの ご案内

オーストラリアでロングステイする為の初心者に向けた手引書

 

プロフィール
楽天カード

お問い合わせ

 


     

     

     

    メルマガ登録


    Email Marketing by Benchmark


    楽天トラベル