特典付きメルマガ登録

世界の結婚式事情、オーストラリアの場合

目安時間 9分
  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング
**********************************************
★オーストラリアからこんにちわ★
           コアラ通信です
 **************************************

 

 

 

 

 

今日は土曜日、晴天の絶好の結婚式日和です。

 

私は参加したわけではないけれど、

あぁ、今日は結婚式があったんだなと思えることに遭遇したので。

これはどんなことがあったのか後で書くとしますね。

 

 

いつでも休暇が取れるオージー人ですがそれでも、

結婚式は土曜、日曜に執り行う人が多いです。

 

 

ここゴールドコーストは雨が少なく1年のうち晴天の日が圧倒的に多いのです。

だからあまりお天気のことは気にする人は少ない、とはいえイベントによっては

お天気が気になるところです。

 

 

オーストラリア人のスタンダードな結婚式は、教会で挙式を行った後そのまま

ティータイムの接待か招待客だけレストランかどこかに行くのが多いですね。

 

 

 

教会で挙式後にそこでお茶会が一番安上がりです。人もたくさん来てくれます。

この後親族で会食などする家庭もあるようですが、日本のように色々決まっていません。

 

 

 

お茶会ではケーキ、サンドイッチ、フルーツ、1口バイトのおつまみなど。

飲み物はコーヒー、紅茶、ジュースでアルコールは出ません。

もっとも教会以外ではアルコールも出ているようです。

 

 

 

教会でもチャペルというのは洒落ていて、景色のいいところに立っていて中がガラス張りで

外の景色とマッチして豪華なところは多いです。

そこに併設されているカフェやレストランで披露宴をすることもできるので、

ゲストに移動してもらう手間が省けますね。

 

 

 

 

 

 

結婚式場もビーチであったり、公園、親族のだれかの家など様々です。

ホテルとかレストランなどではあまり利用しないようです。

ビーチや公園でするときはお天気が気になりますが、濡れても平気な顔をしていますね。

 

 

 

 

 

ビーチでの結婚式もいいですよ、素敵です。

砂浜の上にウエディングアーチを置いて花やリボンをつけて。

そのアーチと向かい合うように列席者の椅子が並べられています

 

 

 

天気が良ければ、ビーチにはたくさんの人が出ていますからみんなに祝福されるんです。

そして何よりビーチだと綺麗な写真が撮れるんですね。

当然眺めのいい場所のビーチですから最高です。

公園で挙式するときも綺麗な写真が取れますね、それも自然な感じで。

 

 

 

その後、披露宴会場に行くのだと思いますが、

どこの国も同じで年々派手になってきているようです。

カラオケボックスを借り切ってなど、芸人を呼んだりと、、、

そのたびに父親は財布の中身が気になるそうです。

 

 

 

ここの国の結婚式では、1つだけ日本人には「えっ、マジで?」と

いうようなことがあります。

今はだいぶ変わってきているようですが、結婚費用はすべて花嫁側が持つと

いうルールがあったそうです。

 

 

 

女性が少ないこの国でなぜ、こんな?

そして貯金をしない男性(これには訳があるのでまたの機会に書きますね)は

サラリーを考えなく使ってしまうんだそうです。

 

 

その割には自分の給料は奥さんには渡さず、自分で管理するんです。

まぁ、私に関係ないことだからいいや!

 

 

 

結婚式に呼ばれた時のお祝いは?

これは新郎新婦からリクエストがあるんです。

 

 

新婚生活でほしい物リストを作って、

この商品は💲〇〇で◎◎デパートにあるというように書いておきます。

大きな額のものは何人かでシェアするんです。

 

 

例えば、10万円の家具が欲しいと書いてあったらそこに名前と金額を書くんです。

何人か集まってその金額に達したら、他の人はもうその商品は贈れません。

 

 

考えたら自分からリクエストをするなんて厚かましいと思えるのですが、本当に欲しいものが

プレゼントされるので無駄がないですよね。

贈答品の金額も自分ができる範囲でするというのもいいですね。

合理的です。

 

 

この国には結納式(?)というのがあって、挙式が遠くで参加できない人を

結婚式前に招待するんです。

その時にお祝いを持って行くんですが、テーブルの上に盆栽のような木が置いてあるんです。

その枝にお札を刺しているんです、マネーツリーとかいうらしいですがびっくりですね。

 

 

誰がいくらお祝いしたかもわかりませんが、その金額にも驚きます。

本当に日本円でいうと、千円とか二千円(2000円札があるので)のわずかな金額です。

 

 

あっ、こんな習慣はもしかしたらアメリカ式かもしれません。

招待してくれた人がアメリカ人だったから。

 

 

そうそう、なぜ今日は結婚式があったんだなと思ったかお話ししましょう。

ビーチに行ったわけでも公園に行ったわけでも教会に行ったわけでもないのにどうして?

どうしてでしょう!

 

どうして判ったかというと

散歩をしていて、お天気が良くあまりに空が綺麗なので上を向いて歩いておりました。

 

するとジェット機がブンブン飛んでいるんですね。

そのジェット機が飛んだ後に、雲ができていたんです。

(この絵はイメージです。実際の写真はとれませんでした泣)

 

 

 

それもハートの形に、そしてアルファベットが見えていたので多分名前だと思います。

1時間くらいは消えないで空にくっきりと愛が描かれていました。

なんとロマンチックなことでしょうか。

 

 

 

地上から見た人、たくさんの人の祝福があったことでしょう。

これはお天気でないとできませんね。

 

日本とは随分違う結婚式のお話でした。

 

 

 

 

ではオーストラリアでお会いしましょう!

可愛いコアラがあなたをお待ちしています。
オーストラリアの事なんでもお答えします。

 

海外ロングステイの生き生きシニアたちのeveryday天国
人気のオーストラリアロングスティのガイド

 

メルマガ解除、アドレス変更はこちらから

  • twitterへのtweet
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー

限定特典メルマガ登録


Email Marketing by Benchmark


ブログランキング


人気ブログランキング
星空の綺麗なオーストラリア

応援(ポチッと)よろしく

お願いします。

Everyday天国のガイド

Everyday天国 ガイドブックの ご案内

オーストラリアでロングステイする為の初心者に向けた手引書

 

特典付きメルマガ登録

 

プロフィール
お問い合わせ

 


     

     

     

    楽天トラベル

    楽天カード